東京五輪リレー出場権獲得へ向け、世界リレー代表を巡る熱き戦い! シレジア2021世界選手権代表選考トライアルの見どころ

今年の5月1日、2日にポーランド・シレジアで開催が予定されている世界リレー選手権の代表選考に向けた選考会、シレジア2021世界選手権代表選考トライアルが3月28日、宮崎・ひなた陸上競技場にて行われる。
現在リレー種目で東京五輪の出場が決定しているのは男子の4×100mリレーのみ。男女のマイル、女子4×100mリレー、混合マイルではまだ出場枠を獲得出来ていないため、出場資格を得られる世界リレーでの決勝進出、上位入賞が大きな目標となっており、今回の選考会にも数多くの有力選手が顔を揃えた。
トライアルとして行われる種目は男女の100m、200m、400mに男子の300mとなっている。

男子4×100mリレーの東京五輪代表は、6月の日本選手権の結果を待っての選考となるため、今回の世界リレートライアルに桐生祥秀(日本生命)や、サニブラウン・アブデル・ハキーム(タンブルウィードTC)といった有力選手の名はないが、山縣亮太(SEIKO)とケンブリッジ飛鳥(Nike)が100mの特別レースにエントリー。屋外初戦でここまでの調整がどの程度進んでいるかが気になるところだ。

世界リレーの代表争いでは、200mにエントリーしている昨年の日本インカレ100mチャンピオンの水久保漱至(城西大4年)と100mにエントリーしている昨年の関東インカレ100mを制した鈴木涼太(城西大3年)の二人に注目したい。特に水久保は昨年に10秒14まで一気に記録を伸ばしており、勢いが持続できているか、冬季トレーニングで更に成長をしているか、非常に楽しみだ。
前回の世界リレー横浜では4×200mリレーの代表に選ばれ自信を深めた白石黄良々(セレスポ)がその後、ドーハ世界選手権4×100mリレーのメンバーの座を勝ち取とって銅メダルを獲得しており、飛躍のきっかけを掴む若手の登場に期待したい。

男子のマイルリレーは既に世界リレーの参加標準記録を突破しており、その世界リレーで東京五輪出場枠を獲得する為の重要なメンバー選考となるが、男子マイルのエース、ウォルシュ・ジュリアン(富士通)がコンディション不良でエントリーしておらず、本番に間に合わない事態に備え個々の選手のレベルアップと共に、ウォルシュに替わる主軸候補の登場も望まれる。
前回の世界リレーやドーハ世界選手権で活躍した井本佳伸(東海大3年)、佐藤拳太郎(富士通)、若林康太(HULFT)の3選手は昨年はやや不振気味で、本来の走りが見せられず。揃って300mにエントリーをしているが、復調を感じされる走りが出来るか。
400mにエントリーのある伊東利来也(早稲田大4年)は昨年4度45秒台を記録し、この種目で最も安定した力を発揮していた。日本インカレで名勝負を演じた井上大地(日本大2年)と共にマイルの主軸を担う覚悟で臨み、結果を出してもらいたい。

一方の女子は4×100mリレー、マイル共に世界リレー参加標準記録を突破できておらず、最終登録期限までに突破をするためのメンバー選考ということになり、現在の調子が非常に重要となってくる。

昨年に100mで日本歴代3位の11秒35をマークした兒玉芽生(福岡大3年)、200mで日本歴代3位の23秒17をマークした鶴田玲美(南九州ファミリーマート)の二人には、リレーメンバーのエースとして更なる飛躍が望まれる。兒玉は100mと200m、鶴田は100mと400mにエントリーをしている。
また、石川優(相洋高3年)も100mで11秒56まで記録を伸ばし、昨年に成長を感じさせた期待の若手の一人。
三浦愛華(園田女子大1年)は先日の日本室内選手権60mで優勝を飾り、既に関西学連の記録会で100m11秒86をマークするなど現段階でのコンディションが良く、侮れない。
復活に賭けるロンドン五輪4×100mリレー代表土井杏南(JAL)の走りにも注目だ。

マイルリレー候補では、主軸の青山聖佳(大阪成蹊AC)は200mにエントリー、今期初戦でどのような走りを見せてくれるか。
続くメンバーでは高島咲季(青山学院大1年)、松本奈菜子(東邦銀行)の二人に力があるが、若い高島には青山と並ぶエース級の走りを見せてもらいたい。
800mが主戦ながら400mも53秒50の記録を持つ川田朱夏(東大阪大3年)が400mにエントリーし、リレー代表争いに加わってきたのは頼もしい。川田の参戦でメンバー争いがより熾烈になるだろう。
昨年は故障で結果を出せなかった世界リレー横浜のマイルメンバー岩田優奈(スズキ)や、やはり一昨年の故障から復活途上で2019年アジア陸上400m代表の広沢真愛(東邦銀行)もかつての力が戻っていれば有力な候補となるだろう。

屋外初レースという選手も多い中、いきなり結果が求められるシビアな代表選考トライアル。日本スプリント界への期待と可能性が一層膨らむ大会となるか。

文/芝 笑翔

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
search previous next tag category expand menu location phone mail time cart zoom edit close